【相模原市立博物館】1月29日(土)より考古企画展「古代相模原台地の開発」開催

今回の企画展では、約 1,400~1,000 年前の古墳時代から平安時代を中心とした相模原台地の開発をテーマに展示します。博物館でこの時代を中心に扱う企画展は初めてです。

相模原の原野が耕地へと開発されていったことを示す鉄製の農具や、文字の普及を示す墨で文字が書かれた土器、仏教の浸透を示すさまざま遺物など、当時の人々の生活のいぶきが感じられる展示となっております。展示品を通して、奈良や京都の煌びやかな都のイメージとは違った、地方の村落に暮らしていた人々の生活に思いを馳せてみませんか。

 

期間

令和4年1月29日(土)~ 令和4年3月13日(日)

 

開館時間

午前9時30分 ~ 午後5時

 

休館日

毎週月曜日、2月24日(木)

 

場所

相模原市立博物館 特別展示室 観覧無料

 

ギャラリートーク

2月6日(日)、2月27日(日)、3月13日(日)

担当学芸員による展示解説
いずれも午後2時から特別展示室にて開催。申し込み不要。

関連記事

管理人おすすめ!

  1. 2020年8月21日、町田市の芹が谷公園内にポケットモンスターのキャラクターが描かれたマンホール蓋「…
  2. 南町田グランベリーパークへの駐車上&アクセス 南町田グランベリーパークへは電車、車、バ…
  3. 9月1日より、子供1人当たり月額5,000円が支給される「018サポート」の申請申込が開始しました。…
  4. ジャイアント馬場が設立した全日本プロレスが、「スーパーパワーシリーズ2024 ~チャリティー町田大会…
  5. アメリア町田ショッピングセンター アメリア町田根岸ショッピングセンターは、東京都町田市に本社がある…
  6. 2023年12月10日(土)に放送された「モヤモヤさまぁ~ず2」は、町田市が登場しました。 タ…
  7. 東日本タクシー株式会社のブルーリボンエクスプレスは、8月1日(日)より新サービス「病院・介護施設便」…
ページ上部へ戻る