【町田市】転入超過数全国15位、子どもの転入超過数は政令市以外では全国1位!

町田市は、2022 年度の総務省発表統計※1 において、転入超過数が全国1719市町村中の15番目、また年齢区分別の転入超過数では年少人口(0~14 歳)で政令市以外にて全国 1 位※2 となったことをお知らせいたします。

※1 出典:総務省統計局「住民基本台帳人口移動報告 2022 年(令和 4 年)結果」
※2 政令市を含めると全国 2 位(1 位は、さいたま市)

 

都心部の代表的なベッドタウン町田市

東京都の最南端(島しょ部を除く)に位置する町田市は、東京都市部では2番目に多い、約43万人の人口を擁し、都心部の代表的な「ベッドタウン」として知られてきました。

新宿・渋谷などの都心部からも、横浜からも約 30 分でアクセスが可能な上、JR・小田急町田駅周辺には百貨店やファッションビルが立ち並ぶなど生活利便性が高く、2019 年には、南町田グランベリーパークが官民連携により大規模再開発されています。一方、北部丘陵には、農地と雑木林から構成される里山が広がり豊かな自然が残るなど、「都市」と「自然」のバランスがとれた郊外都市です。近年では、子育て世代を中心とした移住が進んでおり、「今、人気の街」になっています。

コロナ禍の発生以降、2021 年度に東京 23 区で転出が転入を初めて上回るなど(2022 年度は大幅な転入超過)、郊外都市への人口移動の流れが注目されていますが、首都圏の全ての郊外都市へ人口流入が進むのではなく、今後は「選ばれる郊外」と「選ばれない郊外」への二極化が進むと言われています。

そんな中、町田市では、まちだ〇ごと大作戦 などの実施によって、市民、地域団体、事業者など多様な主体の活動が市内各地域で広がり、新たな活力が生まれ続けており、街を盛り上げる「兆し」が見えてきています。また、地域活動、農業、映画・映像制作など、様々な分野で若い世代の人々の挑戦や活躍もあり、その「兆し」はさらに活発化してきています。

関連記事

管理人おすすめ!

  1. 東日本タクシー株式会社のブルーリボンエクスプレスは、8月1日(日)より新サービス「病院・介護施設便」…
  2. アメリア町田ショッピングセンター アメリア町田根岸ショッピングセンターは、東京都町田市に本社がある…
  3. 2020年8月21日、町田市の芹が谷公園内にポケットモンスターのキャラクターが描かれたマンホール蓋「…
  4. 概要 2019年11月13日(水)に南町田グランベリーパークと共に、ケンタッキーの食べ放題…
  5. コーヒー好きの人、勉強をする人、デートなどでいつも人気のスターバックスですが、町田駅近くにはスターバ…
  6. お得な前売券を購入しよう いよいよ2019年12月14日(土) 南町田グランベリーパークにスヌーピ…
  7. 今回は町田駅の近くにあるゲームセンター前に、生クリームの自動販売機「なまくり」があるということで、生…
ページ上部へ戻る