【相模原市×BOOK OFF】官民連携により空き家対策とウクライナ支援を実施!

相模原市は、令和3年4月に締結した包括連携協定などに基づき、ブックオフコーポレーション株式会社とともに「空き家の無料相談」及び「ウクライナ避難民への生活必需品の無償提供」を実施しています。

住まなくなった「おうち」の無料相談会

ブックオフコーポレーション株式会社では、事業を通じた社会貢献の一環として、市と連携して空き家所有者のお悩み解決を行っています。
「親が住んでいた家を相続したが住む予定がない」「空き家を売却したいが手続きの進め方が分からない」など、空き家に関するお悩みをブックオフ店舗にて無料相談することができます。

相談会の様子(ブックオフコーポレーション株式会社提供)

対象:相模原市内に空き家を持っている人
日程:5月27日(金)、28日(土)、6月24日(金)、25日(土)※今後も順次開催予定
時間:10時?16時(12時?13時は除く)1組1時間
場所:BOOKOFF PLUS古淵駅前店(アパレル・家電館)3階特設会場(相模原市南区古淵2-17-15)
定員:各日5組(事前予約制、当日受付も可)
予約:おうちの無料相談会予約受付センターへ電話 046-204-7354
相談対応:空き家コンサルティング株式会社(ブックオフ提携事業者)
費用:無料

今後の開催日時や場所は市ホームページに掲載します。
この取組は、相模原市とブックオフコーポレーション株式会社との間で令和3年4月21日に締結した包括連携協定に基づくものです。協定は地域のさまざまな課題解決に向けた連携を目的に、次の7つを協力事項として定めています。
リユースの推進、空き家対策、教育支援、地域産業の振興、環境保全、市政情報の発信協力、その他市民サービスの向上及び地域社会の活性化に関すること

ウクライナ避難民への生活必需品の無償提供

ブックオフコーポレーション株式会社が、ウクライナから相模原市内に避難された方に対し、指定店舗で販売する生活必需品を本人の希望に応じて無償提供します。
この取組は、相模原市内に避難された方の生活支援を目的に、令和4年5月13日に相模原市とブックオフコーポレーション株式会社との間で締結した覚書に基づくものです。

相模原市で実施しているウクライナ情勢への対応はこちらをご確認ください。

関連記事

管理人おすすめ!

  1. 概要 2019年11月13日(水)に南町田グランベリーパークと共に、ケンタッキーの食べ放題…
  2. コーヒー好きの人、勉強をする人、デートなどでいつも人気のスターバックスですが、町田駅近くにはスターバ…
  3. 東京都が整備を進めている骨格幹線道路である町田都市計画道路3・3・36号相原鶴間線のうち、木曽団地南…
  4. テレビ東京の人気番組「YOUは何しに日本へ」に、桜美林大学近くの定食屋さん「サクランボ」が登場します…
  5. 南町田グランベリーパークへの駐車上&アクセス 南町田グランベリーパークへは電車、車、バ…
  6. 今回は町田駅の近くにあるゲームセンター前に、生クリームの自動販売機「なまくり」があるということで、生…
  7. 町田市内1号店として、「chocoZAP(ちょこざっぷ)町田木曽店」が8月16日(水)にオープンしま…
ページ上部へ戻る