【町田市】市内の無印良品2店舗で常設のフードドライブがスタート!「フードバンクまちだ」でつながる支援

2021年7月19日(月)から「フードバンクまちだ」のネットワークに無印良品小田急町田と無印良品ルミネ町田が新たに加わり、それぞれの店舗で常設のフードドライブが始まりました。

「フードバンクまちだ」は、町田の子どもたちが健やかに成長し、将来に希望を抱ける環境をつくっていきたいという想いで、町田市社会福祉協議会 が中心となって市内の団体や事業者とつながって2020年10月1日に設置しました。

食品の収集から配布まで、町田市内のネットワークで行うことで、必要な方に必要なものをタイムリーに提供できることが特徴です。現在までに、町田市民や団体、事業者等から寄付を受けた食品(お米110kg、缶詰190kgなど)を約100世帯のご家庭や子ども食堂、無料学習塾、地域活動団体へ提供しています。

無印良品小田急町田

無印良品ルミネ町田

 

ネットワーク構成団体の明治安田生命保険相互会社町田支社では、社内で年に複数回フードドライブを開催しています。今回、無印良品小田急町田と無印良品ルミネ町田では店舗がフードドライブの常設窓口になることで活動を広く知っていただくきっかけになりたいという想いで実現しました。両店舗の営業時間中に誰でも気軽に食品をお持ち込みいただけます。

 

「フードバンクまちだ」取り組み概要

フードバンクまちだ

フードバンクまちだ」ネットワーク構成団体:
町田市社会福祉協議会、フードバンクTAMA、明治安田生命保険相互会社町田支社、(株)協栄、FC町田ゼルビア、(社福)悠々会、鶴川地区協議会、(一社)エコライフ町田、無印良品小田急町田、無印良品ルミネ町田

食品寄付の受付:

お米、お菓子、インスタント・レトルト食品、缶詰・防災品、乾物・乾麺等
※未開封で、外装の破損等がなく、賞味期限が2か月以上あるもの

食品配布先:
町田市内のひとり親世帯、生活困窮世帯、子ども食堂、無料学習塾、地域活動団体等

取り組みイメージ:

フードバンクまちだ取り組みイメージ(まちだ社会福祉だより第216号1面)

※この取り組みは、SDGsに示される17の目標のうち「1 貧困をなくそう」「2 飢餓をゼロに」など下記7つの目標の実現に寄与します。

関連記事

管理人おすすめ!

  1. FC町田ゼルビアは、明治安田生命J2リーグで第40節でツエーゲン金沢にを1-0で下し、試合後にはサポ…
  2. お得な前売券を購入しよう いよいよ2019年12月14日(土) 南町田グランベリーパークにスヌーピ…
  3. 東京都が整備を進めている骨格幹線道路である町田都市計画道路3・3・36号相原鶴間線のうち、木曽団地南…
  4. 今回は町田駅の近くにあるゲームセンター前に、生クリームの自動販売機「なまくり」があるということで、生…
  5. 南町田グランベリーパークへの駐車上&アクセス 南町田グランベリーパークへは電車、車、バ…
  6. 町田市内1号店として、「chocoZAP(ちょこざっぷ)町田木曽店」が8月16日(水)にオープンしま…
  7. 9月1日より、子供1人当たり月額5,000円が支給される「018サポート」の申請申込が開始しました。…
ページ上部へ戻る