【町田市】町田市民文学館ことばらんどで「将棋作品をひもとく!“読む将”のススメ展」開催!

『それでも歩は寄せてくる』 (c)山本崇一朗/講談社

町田市民文学館ことばらんどでは、2022年4月29日(金・祝)から「将棋作品をひもとく!“読む将”のススメ展」を開催します。
町田市民文学館ことばらんど公式サイト

自分では指さずに観戦を楽しむ「観る将」をはじめ、「描く将」「書く将」「撮る将」など、将棋の新たな楽しみ方が生まれています。
その1つが読み物を通して将棋を楽しむ「読む将」。マンガやライトノベルの作品が人気を博し、映画化される作品も生まれ、これらをきっかけに将棋に関心を持つ人も増えています。
本展では、近代以降の将棋を題材とした文学作品の歴史を追い、作家の原稿や取材メモ、愛用の駒、マンガ原画などの多彩な資料を展示します。文学の面白さとともに、日本の伝統文化である将棋の魅力を堪能していただけるよう、将棋好きの方はもちろん、よく知らない方にも楽しめる将棋作品を紹介します。

 

会期

2022年4月29日(金・祝)~6月26日(日) 午前10時~午後5時
※毎週月曜日、5月12日(木)、6月9日(木)は休館

 

会場

町田市民文学館ことばらんど(東京都町田市原町田4-16-17)

 

観覧料

無料

 

協力

公益社団法人 日本将棋連盟

 

紹介する主な作家・作品

江戸川乱歩、井伏鱒二、芦沢央「神の悪手」、能條純一「月下の棋士」、大崎善生「聖の青春」、瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」、山本崇一朗「それでも歩は寄せてくる」、伊奈めぐみ「将棋の渡辺くん」、松本渚「将棋めし」 ほか

江戸川乱歩旧蔵将棋盤、駒、駒台(立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター蔵)

伊奈めぐみ『将棋の渡辺くん』(講談社)原画(個人蔵)

 

関連イベント

・5月7日(土)芦沢央(作家)×佐々木大地(棋士)対談 「将棋小説のたのしみ」
・5月28日(土)小谷瑛輔(明治大学准教授)講演会 「文学の中の将棋」
・6月11日(土)文学散歩 ~将棋会館周辺を歩く~

関連記事

管理人おすすめ!

  1. コーヒー好きの人、勉強をする人、デートなどでいつも人気のスターバックスですが、町田駅近くにはスターバ…
  2. 9月1日より、子供1人当たり月額5,000円が支給される「018サポート」の申請申込が開始しました。…
  3. 南町田グランベリーパークへの駐車上&アクセス 南町田グランベリーパークへは電車、車、バ…
  4. 概要 2019年11月13日(水)に南町田グランベリーパークと共に、ケンタッキーの食べ放題…
  5. 今回は町田駅の近くにあるゲームセンター前に、生クリームの自動販売機「なまくり」があるということで、生…
  6. テレビ東京の人気番組「YOUは何しに日本へ」に、桜美林大学近くの定食屋さん「サクランボ」が登場します…
  7. お得な前売券を購入しよう いよいよ2019年12月14日(土) 南町田グランベリーパークにスヌーピ…
ページ上部へ戻る